%e7%b4%99%e3%81%a8%e3%83%9a%e3%83%b3

アコムの必要書類は?入手方法まで確認しよう

アコムと契約、そして借り入れをするにあたって、いくつか必要な書類があります。

簡単な書類も多いのですが、実際に手続きする時に「あれ?どうやって手に入れるんだっけ?」となるものもあるのでは?

私も取得方法に迷った書類がいくつかありました。

そこで今回は、いざという時迷わないための、必要な書類の確認と入手方法についてのお話です。

%e7%b4%99%e3%81%a8%e3%83%9a%e3%83%b3

まず必要なものは

契約する際に必ずいるものは、「本人確認書類」
使えるものは、「運転免許証」になります。

運転免許証の交付をされていない方は、「健康保険証」や「個人番号カード」でも構いません。

ただし、健康保険証のように顔写真がない書類、または書類の住所が現住所と異なる場合は、他にも準備が必要な書類があります。

「住民票」

  • 市区町村役場で取得。
  • 最近はコンビニエンスストアで取得できる自治体も有り。
  • 本人確認書類を持参して、交付を受けてください。

「公共料金の領収証」

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 固定電話(携帯電話は除く)
  • NHKなど

「納税証明書」

  • 税務署で取得。
  • 交付請求はオンライン(e-Tax)でも可能。

これらのうちのいずれか一つを添付してください。

また、アコムでの確認日時点で、発行日または領収日から6か月以内のものを提出する、ということも大切ですよ。

いずれ契約しようと、取っておいた書類が期限切れとなる可能性もありますので、ご注意ください。

意外と忘れがちなこと

「運転免許証があるから、本人確認書類は大丈夫。」

と、思っている方も多いと思います。

ただ、運転免許証に現住所や現在の名前が記載されているか、を確認しましょう。

頻繁に転居があったりする方は、住所変更手続きを忘れがちになりますよね。
苗字が変わっている方も気を付けてください。

また、住所変更や氏名変更はきちんとしているという方も、ご用心を。

運転免許証のコピーを提出する際には、変更事項が記載されている裏面まで提出が必要です。

提出した後に気付いて再提出となると、契約までの時間が余計にかかってしまいますよ。

外国籍の方は

「在留カード」または「特別永住者証明書」もご準備ください。

さらに書類が必要な人も

上に書いているもの以外に、以下の方々は「収入証明書」の提出が必要です。

  • 他社を含めたお借り入れ総額が100万円を超える方
  • アコムの利用が50万円を超える方

収入証明書として使えるもの

これらのものが使えます。

「源泉徴収票」

  • 勤めている会社から交付。
  • 最新のものを準備

「給与明細書」

  • 勤めている会社から交付。
  • 直近1か月分を準備(住民税の記載がないものは直近2か月分必要。賞与明細書がある場合は、直近1年分の提出を)

本人の氏名、発行年月、勤務先名、月収の記載があるか確認してください。

「市民税・県民税額決定通知書」

  • 勤めている会社、または市区町村役場で交付。
  • 現在発行されている最新年度分を準備(1~6月の間は、最新年度分が交付されないので、前年度分で可)

「所得証明書」

  • 市区町村役場、税務署で交付。
  • 現在発行されている最新年度分を準備(1~6月の間は、最新年度分が交付されないので、前年度分で可)

書類が準備できたら、必ずすることとは?

書類に「個人番号(マイナンバー)」「本籍地」が記載されている場合は、これらの部分を塗りつぶして提出するということです。

提出前のひと手間ですが、忘れないでくださいね。

%e6%9b%b8%e9%a1%9e%e7%94%b7%e6%80%a7

まとめ

アコムの契約申し込みの際は、いろいろな書類が必要なことが分かりましたね。

「取得するのに手間がかかるなあ。」と思われるものもあったのではないでしょうか?

でも、スムーズな契約のためには、必ずいるものなので、忘れないように用意してくださいね。

完璧な書類の準備で、スピード契約を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です